キャンピングカーで暮らすためにすること

最近では暮らし方というのも多種多様になり、賃貸や持ち家で暮らし外に仕事に行くということだけが当たり前の暮らし方ではなくなりました。

働き方自体が多様化したことも要因ではありますが、定職に就かずとも暮らすことが可能になった人も増えてきて、旅をしながら暮らすという生活を選ぶ人も徐々に増えてきました。

以前から、ある程度のお金を貯めてバックパッカーとして世界中を旅している人もいましたが、最近は様々なタイプのキャンピングカーが出たこともあり、キャンピングカーでの生活を選ぶ人も出てきました。

もともとキャンピングカーは車中泊を前提に作られた車ではありますが、家と全く同じというわけにはいきません。

まずしなければならないのは断捨離です。

車に積める荷物量は家と比べると圧倒的に少ない為、本当に必要な物だけを選ぶ必要があります。

さらに、車で生活するならソーラーパネルやバッテリーは必ず必要になります。

ソーラーパネルがあれば携帯電話なども充電ができますし、お湯を沸かしたり家電を動かしたりと家とあまり変わらない生活を送ることができます。

今はキャンピングカーに冷蔵庫を積み込むことも可能なので必ず装備したいものです。

また車であればどこにでも移動できるのが利点ですが、トイレも必ず装備しておくべきです。

ただ、排水の処理などは自分で行わなければいけないので、周りに道の駅やコンビニがあれば、そちらを利用する人も多いですが、いつでも利用できると思えば心強いものです。

最近は軽自動車タイプのキャンピングカーも人気が出てきたあり、キャンピングカーで暮らすことも、そう難しいことではなくなりましたが、それは装備があってこその暮らしやすさでもあるため、きちんと自分にとって必要かそうでないかを見極めたうえで実行することが大切です。

ページのトップへ戻る